NO CAT NO HOME

NO CAT NO HOME

猫と楽しく快適に暮らしたい。30坪・建物本体1500万円(税込)でもこだわりの家づくり。

外構屋さんが決まりました!

遠回りしましたが、最終的に地元の外構屋さんに決めました!

決め手は、たくさんあります。

 

ほかの外構屋が無視した面倒な部分もちゃんと向き合ってくれた

土留めの部分、一部を取り壊さないと、まともなアプローチができません。

 

ただ、ユンボなどの小型の機械では解体できず、結構大掛かりな工事になるそうなんです。

そんなに大変だということは、この外構屋さんで初めて知りました。

 

ほかの外構屋はみんな、そこを手をつけずに避けるプランを出してきて、それに対して何の説明もなかったからです。

 

こちらの外構屋さんは、「ここは取り壊したほうがいいですよね?○万円くらいかかりますけど。」と確認が入り、誠実さが感じられました。

 

この業界、都合の悪いところは無視する体質の会社が多いと本当によくわかりました。

 

依頼主の希望を最大限反映しようとしてくれた

海外のフェンスを使いたいというちょっと変わった要望に対しても、嫌な顔ひとつせずに調査して見積もりを出してくれました。

 

ポストなんて最初から、「自分で探してきてくださいね。ネットで安いし。」ということでw

ネームプレートもこだわりたかったので、結局、ポスト・ネームプレート・門灯・フェンスは施主支給になりました。

 

「こだわりが強くてすみません…」というと、「ぜんぜんぜんぜん、そのほうが助かりますよ〜」と。

 

「何も決まっていない人もいます。ですが、自分たちが提案したところで、お客様の予算には限度がありますから。お客様の提案をまずは聞いて、プロとしてのアドバイスをしつつ作り上げていくほうがやりやすいですよ。」ということでした。

 

長年やってきて、そういうやり方がトラブルが少ないとわかったんじゃないかな〜と思いました。

 

我が家は自分達で色々構想を練って作っていきたいタイプなので、ちょうどよかったんです。

 

値引き一切ナシでむしろ安心できた

値引きは一切できない限界価格を最初から提示しているそうで、それが事実だろうということは、ほかにも相談してわかりました。

 

ほかの業者は高めの金額を提示してきて、反応が悪いと値下げしてきましたから、怪しいのなんの。。

 

土地と建物で金銭感覚が麻痺してる人も多いので、どこまで麻痺してるのか、どこまで出せるのか腹を探っているのがミエミエな人が多くて嫌気がさしました。

 

大体提示予算の2割増しで見積もってくることが多かったです。

 

また、「ウチは諸経費をいただきません」と言ってきたところがありましたが、ほかの項目に含ませてるだけのこともあるので、そういう営業トークにも冷静になるべきですね。

 

やはり、最低でも3社くらいに見積もりはとるべきだと思います。

絶対に1社で決めてはダメです。

 

材料はどのレベルのものを使えるのか細かく確認できた

もちろん材料もピンキリ。

安いと思ったら、品質もデザインも悪かった、となっても困ります。

使いたい材料の候補を出して、使えるのかどうかを確認しました。

 

唯一不安だった土留めの安全性も解決

やっぱりレンガよりブロックの方が土留めするにはイイということでした。

そのため、レンガではなく、縦横配筋のある、レンガに似た雰囲気のブロックを使うことにしました。

 

施工や材料にも知識が豊富である

現場の作業もされてきた方なので、「ここをこうしたらどうなりますか?」という質問にはすぐに答えていただけました。

 

こちらの話もちゃんと聞いていて、ちゃんとプランに反映されていたので、最初に感じていた大雑把?という不安も払拭されました。

 

ほかの外構屋にはデザイナー気取りの人もいて、「(施工のことは)わからない」と言われて呆れてしまったこともあります。

 

契約を急かされなかった

初回プランで契約への同意を求めてきた会社も数社ありました。

 

こちらの担当の方は、「これは叩きなので、またプランゆっくり考えてみてくださいね。」と悠長すぎるくらい、まったく急かされませんでした。

 

初回プランで急かしてきた時点でどこかおかしいと思います。

 

外構屋さんと現場監督が知り合い

訳あって、外構屋さんとうちの工務店の現場監督とは知り合いなんです。

大きなメリットかもしれません。

  

長かったけどいろいろ相談してよかった

外構屋さん探しは本当に大変でした。

相談すればするほど、いろいろ見えてきてしまうんですよね。

でも、いろいろ相談したからこそ、納得の決断ができたと思います。 

 

さぁ、これからは仕様を詰めていきますよ〜

最後の外構屋も提案力なし、残念!

先々週に相談した外構屋KKさんからプランと見積もりが届きました。

 

公共の道路工事も手がける会社なので土留め部分のプランを期待していて、相談はここを最後にしようと思っていました。

 

が、、プランは紙に小っちゃく印刷されてるし、3Dのシミュレーション画像もないし、まったくイメージが湧きません笑

 

あんなにセンス良くイマドキの綺麗なホームページなのに、この対応は想像できませんね 笑

 

ホームページなんてお金出せばカッコよくなりますから関係ないですけどね。。

 

どの商品を使っての見積もりなのか、カタログのコピーが同封されていて、そこはちゃんとしていると思いましたが、見積もりは大雑把系。

 

肝心のプランはというと、建売みたいな機能門柱とフェンス、そのくせ安くもない…

 

まったく好みが理解されていない残念なプランでした。安くてもかわいいフェンスあるのに知らないのかな?

 

減額案として、また植栽をする場所としても、一部土を残す提案なんかを期待していたのですが、そんなこともなく、アプローチ全体に余すところなく資材が敷き詰められていました。

 

ここ造園業もやってたと思うのですが、提案力は皆無ですね。。

 

また、道路側にブロックを壊さないとおかしい部分があるのですが、華麗にスルーされて残ってました。お金出せばやりますってことでしょう。

 

これで当初予算の40万円オーバーとは、今までで最低かも。ここには頼む理由がありませんね。

 

遠回りしましたが、これで思い残すことなく、あそこに決められそうです!

外構屋KSには足元みられまくり?

園芸店を営む会社の外構部門に相談しました。

 

対応してくれたのは受付のお姉さん。

あれ?プランナーの方はどうしたんでしょうか?

 

他に打ち合わせしているお客さんもいませんが…

 

話を聞くと、まずは初回のヒアリングで、その後に担当が決まり、現地で打ち合わせするようです。ここは担当者が10人近くいます。

 

それから予算100万円の施工例を見せてもらうと、駐車場とちょっとした門柱と安っぽいフェンスのみ!

 

100万円もだしてこれっぽっち!

設計するだけで施工は丸投げなんだなと理解。

 

ここに要望書通りお願いしたら、300万円はくだらない気が。。

 

その後担当者から電話がきまして、「うちは高いです」と自ら宣言してきたので、「この予算では御社は無理ですよね?」と聞くと、「駐車場は砂利にするとか」などと言い出しまして…

 

もちろん、打ち合わせの前にお断りしました。

 

ホームページでその方の名前を調べると、明らかに一番若くて無資格です。

 

担当がヒアリング後に決まるのはそういうことかと。足元見られまくった感じですね 笑

建物の中にはもう勝手に入れません

昨日も見に行ったのですが、大工さんの仕事の邪魔をしてはいけないとサクッと1階だけちらっと見て切り上げたため、もっとちゃんと見たくなりました。

 

買い物がえりに寄ってみると、なんと玄関ドアに鍵がかかって入れませんでした!

 

2日前の夕方に行った時はドアを開けなかったから気づきませんでした〜

 

気軽に覗けなくなってちょっと残念…!

 

f:id:gurunyan:20170723223108j:image

 

でも、建築現場を狙った窃盗事件もあるようですし、親戚も勝手に見に行ったみたいで不愉快だったので、これで一安心です 笑

やっぱりAPW330のサッシにしてよかった!

今日はサッシを見に行ってきました。

大工さんには冷たいお茶と手土産を差し入れです。

 

連日35℃近い酷暑で、大工さん大丈夫かな?と心配していたのですが、夏には直射日光が入らないように設計したことが功を奏したのか、建物の中はそんなに暑くありませんでした!

 

セルロースファイバーが吹き込まれると、もう少し涼しく感じられるそうです。

 

まずはあの窓

ブルーシートの隙間からパチリ。連窓です。

やっぱりめちゃくちゃかっこいい!

 

この窓は大工さんも見たことがないと言ってました。うちの工務店では使ったことないのかな?

 

f:id:gurunyan:20170722195723j:plain

 

午前中に職人さんがきて防水シートも貼られたそうです。 

露しらず、いいネーミングですねw 

  

そして上げ下げ窓

足場などの関係でブルーシートの中を撮れませんでしたが、想像以上の可愛さで大興奮!!!

もっと上げ下げを入れればよかったと思うほど!

 

f:id:gurunyan:20170722205711j:plain

 

APW330のホワイト、想像通り黄味のない白で、とーっても綺麗です。

 

グレーの木目調のサイディングとのコントラストが楽しみですね〜

 

甘さと辛さがいい感じでミックスした家になるといいなと思っています。

サッシと玄関ドアが入りました

夕方ちらっと見に行ったらサッシと玄関ドアが入ってました〜

家らしくなってきて感動!!!

 

f:id:gurunyan:20170721200928j:image

 

枠が思ったよりずっっと太い!

でも、これだけ太ければ、窓モールやめて正解だったかも 笑

 

玄関以外はブルーシートで見えづらいですね〜

これはトイレだったかな。トイレなのに無駄にかわいい 笑

f:id:gurunyan:20170721201408j:image

 

暗くなってきたのでちょっと見て帰ってきました。

明日明るいうちに、じっくり見に行こうと思います。

屋根材がまったく見えない?

そういえば、いつの間にか屋根が葺かれていました。

 

我が家はかなり遠く離れないと屋根が見えないようです!屋根にお金かけなくてよかった 笑

 

暑くて暑くて、見える場所まで歩くのが嫌で、屋根が見えない写真しか撮れてません…

 

f:id:gurunyan:20170720125112j:image

今は電線がないので空が綺麗に撮れますね。

 

屋根材はこちら。ニチハのアルマです。

たぶん、本場米国の製品のOEMでしょう。

色はグレーにしました。

f:id:gurunyan:20170720125652j:image

施工例で見たより色むらがなくて面白みにはかけますが、見えないのでまぁいっかな!

 

次はサッシ取り付け、楽しみ〜!