NO CAT NO HOME

NO CAT NO HOME

猫と楽しく快適に暮らしたい。30坪・建物本体1500万円(税込)でもこだわりの家づくり。

何風の家にする?

「和モダン」な家が大好きな渋い小学生でした。

 

当時、MISAWAホームの家が載っている注文住宅の本を買ってもらってニヤニヤしていたことを思い出します。大屋根の軒の深い家。むしろ平屋。わかりやすく言うと鎌倉にあるスタバなどが大好物です。

 

ですが、ここ5年くらいは、「ガルバを使ったかっこいい外観&無垢の素材をふんだんに使った内装」というギャップのある家に憧れていたんですね。

 

でも、ごく最近、自分の中ではガルバブームが去りました。塗り壁がいいなと思い始めました。うちの予算じゃ無理ですけど。理想の話。

 

何年たっても結局和モダンが一番好きですね。

 

一方で、家族は、英国式のトラディショナルな雰囲気が昔も今も好きなようです。レンガとか石積みとか。コッツウォルズの石?とかに憧れてるそうですよ。。

 

どちらも豪邸・・・宝くじ当たらないと無理w

 

和モダンも英国風も、たぶん良い建材を使ってナンボなツートップだと思うので、低予算では難易度が高いと思います。

 

予算内で実現できそうな外観を求め、いろんな新興住宅地や昔の住宅地も徘徊しました。

2日かけて回って、見えてきたことがあります。

 

モダンとか、トラディショナルとか、方向性がはっきりした家に惹かれることがわかりました。

 

なんだかよくわからないような家は、どれも建売に見えてしまいました。。

 

特に縦割りのツートーン、こういう「THE 建売」だけは絶対嫌です。

f:id:gurunyan:20170814085729p:plain

 

あと、パンダみたいに一部に横縞が入っているのも・・・

f:id:gurunyan:20170814090829p:plain

 

 

とにかく、建売っぽいのは絶対に嫌なんです。

ローコストの注文住宅では、一歩間違えるとこうなりかねません。。

 

なので、外観は「振り切る」ことにしました。

 

和モダン・英国以外で、家族と意見が一致したのは、「北欧」です。

 

家族がガルバリウムを嫌がったのでモダンは諦めました。

また、「アーリーアメリカン」でも「南仏」でもありません。

 

家族とは、外観の好みは違えど、内観はメープルまたはホワイトオーク&ホワイトを基調とした明るくしたいという思いは共通でしたから、まさに北欧のイメージなんです。

 

また、アーリーアメリカンはラップサイディングやカバードポーチ、南仏は塗り壁やアイアンを使わないと、「らしく」なりませんし、どちらもハイコストです。特に塗り壁はサイディングではまず表現できません。

 

一方で、北欧の家の外壁は木が多く、作りもシンプルです。ウッド調のサイディングは近年増えてきているので、洋風の中でも一番ローコストで表現できそうな気がします。

 

もうこれしかないと北欧風に決まりました。